12月1日及び2日の2日間にわたり、第14回年次大会がZOOMによるオンラインで開催されました。

『持続可能な海洋利用における日本の役割 -変化する国際情勢を背景に-』を統一テーマとし、村田茂樹内閣府総合海洋政策推進事務局長による基調講演を皮切りに、各種発表やパネルディスカッションが行われました。

2日目のパネルディスカッションは、「第4期海洋基本計画への期待」と題し、中原裕幸氏(神奈川大学)のモデレートの下、充実した議論が行われました。

12月1日及び2日の2日間にわたり、第14回年次大会がZOOMによるオンラインで開催されました。

『持続可能な海洋利用における日本の役割 -変化する国際情勢を背景に-』を統一テーマとし、村田茂樹内閣府総合海洋政策推進事務局長による基調講演を皮切りに、各種発表やパネルディスカッションが行われました。

2日目のパネルディスカッションは、「第4期海洋基本計画への期待」と題し、中原裕幸氏(神奈川大学)のモデレートの下、充実した議論が行われました。

Published On: 2022-12-03|Categories: トピックス|

関連記事

  • 「学生小論文」の募集について

    日本海洋政策学会では、毎年、海洋政策の普及・啓発活動の一環として、大学生・大学院生による「学生小論文」を募集しています。 応募資格は、日本国内の大学生・大学院生(高専生4,5年生含む)で、国籍・性別・年令は問いません。 表彰論文は学会のニ ...