目次

■ 招待論文
◇捕鯨取締条約における「科学的研究」の意義
 ― 南極捕鯨事件判決とその後の展開―
 坂元 茂樹
■ 論文
◇ Constitutionalization of International Law and UNCLOS:
 A Case Study on the Management of Fisheries Resources on the High Seas
 Hideo Inomata
◇軍艦その他の政府公船に対し保護権の行使としてとりうる措置
 坂巻 静佳
◇米国の外航海運政策
 久保 麻紀子、松田 琢磨
◇内航船員育成のための安全管理に関する研究
 畑本 郁彦、古莊 雅生
◇海洋構造物の法的地位と規制措置に関する一考察
 ―EEZ 及び大陸棚における問題を中心に―
 下山 憲二
■ 解説
◇国家管轄権限外の海域における海洋生物多様性の保全と持続的な利用
 北沢 一宏
◇わが国200 海里水域面積447 万km2 の世界ランキングの検証
 ―世界6 位、ただし各国の海外領土分を含めた順位では8 位―
 中原 裕幸
■ 展望
◇我が国における洋上風力発電の発展をめざした認証制度の活用
 赤星 貞夫、 岡本 博、 永井 紀彦、 仲井 圭二
■ 第6回年次大会概要
■ 編集委員会より
◇編集後記
 早稲田 卓爾

目次

■ 招待論文
◇捕鯨取締条約における「科学的研究」の意義
 ― 南極捕鯨事件判決とその後の展開―
 坂元 茂樹
■ 論文
◇ Constitutionalization of International Law and UNCLOS:
 A Case Study on the Management of Fisheries Resources on the High Seas
 Hideo Inomata
◇軍艦その他の政府公船に対し保護権の行使としてとりうる措置
 坂巻 静佳
◇米国の外航海運政策
 久保 麻紀子、松田 琢磨
◇内航船員育成のための安全管理に関する研究
 畑本 郁彦、古莊 雅生
◇海洋構造物の法的地位と規制措置に関する一考察
 ―EEZ 及び大陸棚における問題を中心に―
 下山 憲二
■ 解説
◇国家管轄権限外の海域における海洋生物多様性の保全と持続的な利用
 北沢 一宏
◇わが国200 海里水域面積447 万km2 の世界ランキングの検証
 ―世界6 位、ただし各国の海外領土分を含めた順位では8 位―
 中原 裕幸
■ 展望
◇我が国における洋上風力発電の発展をめざした認証制度の活用
 赤星 貞夫、 岡本 博、 永井 紀彦、 仲井 圭二
■ 第6回年次大会概要
■ 編集委員会より
◇編集後記
 早稲田 卓爾

Published On: 2015-11-01|Categories: 学会誌|

関連記事

  • 学会誌 第11号を刊行しました

    第11号(2021年11月 発刊)【目次・要旨】 目次 ■ 招待論文 ◇ 国連海洋科学の10 年における海洋データ・情報管理の充実に向けて  道田 豊 ■ 論文 ◇ 日本において一般海域を管理する法令が整備されない要因についての考察   ...

  • 学会誌 第10号を刊行しました

    第10号(2020年11月 発刊)【目次・要旨】 目次 ■ 招待論文 ◇ SDGs は海洋政策に何を求めているのか  ―高邁な目標から実現へ  都留 康子 ■ 研究ノート ◇ 国連海洋法条約における条約の実施状況把握体制  ―締約国会議 ...

  • 学会誌 第9号を刊行しました

    第9号(2019年12月 発刊)【公開】 目次 ■ 招待論文 ◇洋上風力発電の現状と課題  木下 健 ■ 論文 ◇ 排他的経済水域での軍事活動  ―沿岸国による規制可能性及び実施国が払うべき「妥当な考慮」の法的意義と内容―  永福 誠也 ...

  • 学会誌 第8号を刊行しました

    第8号(2018年12月 発刊)【公開】 目次 ■ 巻頭言 ◇海洋の未来秩序と第三期海洋基本計画  奥脇 直也 ■ 祝辞  小宮山 宏  武見 敬三  羽尾 一郎  宮原 耕治  來生 新 ■ 招待論文 ◇ 「海洋再生可能エネルギー発電 ...

  • 学会誌 第7号を刊行しました

    第7号(2017年11月 発刊)【公開】 目次 ■ 招待論文 ◇海洋資源へのアクセス権とコモンズ論 ―海洋保護区に注目して ―  秋道 智彌 ■ 論文 ◇旧及び現海洋基本計画と各年次報告に関する分析  ―“海洋に関して講じた施策の評価” ...

  • 学会誌 第6号を刊行しました

    第6号(2016年11月 発刊)【公開】 目次 ■ 招待論文 ◇国家管轄外の海洋生物多様性に関する新協定  ―公海制度の発展の観点から―  兼原 敦子 ■ 論文 ◇海洋境界画定国際合意の研究  ―島の存在と海底の特徴が及ぼす影響を中心に ...