目次

■ 招待論文
◇海洋資源へのアクセス権とコモンズ論 ―海洋保護区に注目して ―
 秋道 智彌
■ 論文
◇旧及び現海洋基本計画と各年次報告に関する分析
 ―“海洋に関して講じた施策の評価”を踏まえた基本計画の改定に向けて ―
 牧野 光琢、有馬 正和、井上 裕貴、掛江 朋子、高 翔、鈴木 千賀、東條 泰大、脇田 和美、渡邉 啓介、渡辺 喜保、中原 裕幸
◇ 東京電力福島第一原子力発電所事故後の水産食品の安全性に対する消費者の意識とその時間変化
 鈴木 崇史、八木 信行
◇トン数標準税制による日本籍、準日本籍の外航船舶の確保策について
 諏訪 達郎
◇真珠振興法制定をめぐる合意形成に関する研究
 盛山 正仁、八木 信行
◇ Analysis of Oceanographic Information as a Co-benefit of Marine Renewable Energy Projects
 ― A Case Study of Japan’s Ocean Current Power Project
 A.H.T. Shyam Kularathna、Ken Takagi
■ 研究ノート
◇排他的経済水域の規律に関する各国国内法の検討
 ―海洋空間計画(Marine Spatial Planning)の観点から―
 樋口 恵佳
◇海底鉱物資源開発から発生する汚染に対する沿岸国による執行措置に関する試論
 ―大陸棚での開発を中心に―
 下山 憲二
◇ 生物多様性に配慮する持続可能な海底資源調査・開発のための海洋環境影響評価方法の検討
 柴田 由紀枝、松田 裕之、吉田 公一、中村 由行
◇ SIMSEAの科学的基礎の確立に向けた戦略的取り組み
 森岡 優志、美山 透、Sergey M. Varlamov、宮澤 泰正、古川 恵太、遠藤 愛子、植松 光夫、宮崎 信之、山形 俊男
■ 報告
◇国際的な海洋人材育成に向けたインターンシップの有効性
 山本 光夫、野村 英明、木村 伸吾
◇日本において沿岸漁業を新たに行うために必要な条件についての一提案
 ~三重県鳥羽市石鏡での漁業従事を通して~
 佐藤 達也、新美 貴資、永濵 享、岩尾 豊紀、大塚 万紗子
■ 解説
◇ Sustainable Development Goal 14 for Conservation and Sustainable Use of Oceans and Resources:
 Strategies and Challenges for Pacific Small Island Developing States
 Masanori Kobayashi
◇「海水浴場」と「ライフセーバー」の法的位置付けに関する現状と課題
 小山 隆彦
■ 第8回年次大会概要
■ 編集委員会より
◇編集後記
 山形 俊男

目次

■ 招待論文
◇海洋資源へのアクセス権とコモンズ論 ―海洋保護区に注目して ―
 秋道 智彌
■ 論文
◇旧及び現海洋基本計画と各年次報告に関する分析
 ―“海洋に関して講じた施策の評価”を踏まえた基本計画の改定に向けて ―
 牧野 光琢、有馬 正和、井上 裕貴、掛江 朋子、高 翔、鈴木 千賀、東條 泰大、脇田 和美、渡邉 啓介、渡辺 喜保、中原 裕幸
◇ 東京電力福島第一原子力発電所事故後の水産食品の安全性に対する消費者の意識とその時間変化
 鈴木 崇史、八木 信行
◇トン数標準税制による日本籍、準日本籍の外航船舶の確保策について
 諏訪 達郎
◇真珠振興法制定をめぐる合意形成に関する研究
 盛山 正仁、八木 信行
◇ Analysis of Oceanographic Information as a Co-benefit of Marine Renewable Energy Projects
 ― A Case Study of Japan’s Ocean Current Power Project
 A.H.T. Shyam Kularathna、Ken Takagi
■ 研究ノート
◇排他的経済水域の規律に関する各国国内法の検討
 ―海洋空間計画(Marine Spatial Planning)の観点から―
 樋口 恵佳
◇海底鉱物資源開発から発生する汚染に対する沿岸国による執行措置に関する試論
 ―大陸棚での開発を中心に―
 下山 憲二
◇ 生物多様性に配慮する持続可能な海底資源調査・開発のための海洋環境影響評価方法の検討
 柴田 由紀枝、松田 裕之、吉田 公一、中村 由行
◇ SIMSEAの科学的基礎の確立に向けた戦略的取り組み
 森岡 優志、美山 透、Sergey M. Varlamov、宮澤 泰正、古川 恵太、遠藤 愛子、植松 光夫、宮崎 信之、山形 俊男
■ 報告
◇国際的な海洋人材育成に向けたインターンシップの有効性
 山本 光夫、野村 英明、木村 伸吾
◇日本において沿岸漁業を新たに行うために必要な条件についての一提案
 ~三重県鳥羽市石鏡での漁業従事を通して~
 佐藤 達也、新美 貴資、永濵 享、岩尾 豊紀、大塚 万紗子
■ 解説
◇ Sustainable Development Goal 14 for Conservation and Sustainable Use of Oceans and Resources:
 Strategies and Challenges for Pacific Small Island Developing States
 Masanori Kobayashi
◇「海水浴場」と「ライフセーバー」の法的位置付けに関する現状と課題
 小山 隆彦
■ 第8回年次大会概要
■ 編集委員会より
◇編集後記
 山形 俊男

Published On: 2017-11-01|Categories: 学会誌|

関連記事

  • 学会誌 第11号を刊行しました

    第11号(2021年11月 発刊)【目次・要旨】 目次 ■ 招待論文 ◇ 国連海洋科学の10 年における海洋データ・情報管理の充実に向けて  道田 豊 ■ 論文 ◇ 日本において一般海域を管理する法令が整備されない要因についての考察   ...

  • 学会誌 第10号を刊行しました

    第10号(2020年11月 発刊)【目次・要旨】 目次 ■ 招待論文 ◇ SDGs は海洋政策に何を求めているのか  ―高邁な目標から実現へ  都留 康子 ■ 研究ノート ◇ 国連海洋法条約における条約の実施状況把握体制  ―締約国会議 ...

  • 学会誌 第9号を刊行しました

    第9号(2019年12月 発刊)【公開】 目次 ■ 招待論文 ◇洋上風力発電の現状と課題  木下 健 ■ 論文 ◇ 排他的経済水域での軍事活動  ―沿岸国による規制可能性及び実施国が払うべき「妥当な考慮」の法的意義と内容―  永福 誠也 ...

  • 学会誌 第8号を刊行しました

    第8号(2018年12月 発刊)【公開】 目次 ■ 巻頭言 ◇海洋の未来秩序と第三期海洋基本計画  奥脇 直也 ■ 祝辞  小宮山 宏  武見 敬三  羽尾 一郎  宮原 耕治  來生 新 ■ 招待論文 ◇ 「海洋再生可能エネルギー発電 ...

  • 学会誌 第6号を刊行しました

    第6号(2016年11月 発刊)【公開】 目次 ■ 招待論文 ◇国家管轄外の海洋生物多様性に関する新協定  ―公海制度の発展の観点から―  兼原 敦子 ■ 論文 ◇海洋境界画定国際合意の研究  ―島の存在と海底の特徴が及ぼす影響を中心に ...

  • 学会誌 第5号を刊行しました

    第5号(2015年11月 発刊)【公開】 目次 ■ 招待論文 ◇捕鯨取締条約における「科学的研究」の意義  ― 南極捕鯨事件判決とその後の展開―  坂元 茂樹 ■ 論文 ◇ Constitutionalization of Intern ...