目次

■ 巻頭言
◇日本「再創造」~海洋国日本が学ぶべきこと~
 日本海洋政策学会会長 小宮山 宏
■ 招待論文
◇日本は海洋国家だったのか―日本政治外交史からの視点
 北岡 伸一
◇ CCS に関する世界主要団体の意見調査とそれに基づくアウトリーチ指針の提案
 網川 響吾、平林 紳一郎、佐藤 徹
■ 投稿論文
◇持続可能性を指標とした沿岸域再生施策の評価
 吉田 大祐、多部田 茂、石川 公敏、古川 恵太
◇森川海の一体的管理に関する調査研究
 遠藤 愛子、眞岩 一幸、河津 静花、寺島 紘士
■ 第2 回年次大会の概要
■ 第2 回年次大会:パネル・ディスカッションの概要
■ 個別報告要旨
◇海賊処罰対処法の立法過程の考察
 大庭 靖雄
◇海洋空間計画(Marine Spatial Planning)に関する国際的動向とアメリカにおける事例の考察
 太田 義孝
◇ IMO による船舶由来の水生生物多様性撹乱に対する対策とその実施困難性
  ― 環境対策における科学技術の限界と、実効性を増すための社会的な取り決め ―
 福代 康夫、大村 卓朗、長濱 幸生
◇海洋肥沃化実験に係るロンドン条約及びロンドン議定書における議論
 鈴木 さとし
◇国民の海洋理解を深める水産教育を
 佐々木 剛
◇坂本龍馬と万国公法 ― 海洋法研究の深化をめざして ―
 坂元 茂樹
◇離島とその周辺海域の利用について
  ― 土木学会海洋開発委員会における取組みの紹介 ―
 木村 克俊、五明 美智男
◇沿岸域総合管理に関する一考察 ― 地方公共団体の管轄範囲をめぐって ―
 中原 裕幸
■ 展望
◇我が国にも海洋資源開発のエンジニアリング企業を
 相川 武利
◇海洋観光立国を夢見て
 中瀬 勝義
■ 報告
◇日本の宝“黒潮エネルギー”の活用を考える
  ― NPO 海ロマン21「海洋エネルギー研究会」報告 ―
 久田 安夫
■ 編集後記
◇創刊号の編集を終えて~ここに日本海洋政策学会誌創刊号をお送りする~
  日本海洋政策学会編集委員会委員長 山形 俊男

目次

■ 巻頭言
◇日本「再創造」~海洋国日本が学ぶべきこと~
 日本海洋政策学会会長 小宮山 宏
■ 招待論文
◇日本は海洋国家だったのか―日本政治外交史からの視点
 北岡 伸一
◇ CCS に関する世界主要団体の意見調査とそれに基づくアウトリーチ指針の提案
 網川 響吾、平林 紳一郎、佐藤 徹
■ 投稿論文
◇持続可能性を指標とした沿岸域再生施策の評価
 吉田 大祐、多部田 茂、石川 公敏、古川 恵太
◇森川海の一体的管理に関する調査研究
 遠藤 愛子、眞岩 一幸、河津 静花、寺島 紘士
■ 第2 回年次大会の概要
■ 第2 回年次大会:パネル・ディスカッションの概要
■ 個別報告要旨
◇海賊処罰対処法の立法過程の考察
 大庭 靖雄
◇海洋空間計画(Marine Spatial Planning)に関する国際的動向とアメリカにおける事例の考察
 太田 義孝
◇ IMO による船舶由来の水生生物多様性撹乱に対する対策とその実施困難性
  ― 環境対策における科学技術の限界と、実効性を増すための社会的な取り決め ―
 福代 康夫、大村 卓朗、長濱 幸生
◇海洋肥沃化実験に係るロンドン条約及びロンドン議定書における議論
 鈴木 さとし
◇国民の海洋理解を深める水産教育を
 佐々木 剛
◇坂本龍馬と万国公法 ― 海洋法研究の深化をめざして ―
 坂元 茂樹
◇離島とその周辺海域の利用について
  ― 土木学会海洋開発委員会における取組みの紹介 ―
 木村 克俊、五明 美智男
◇沿岸域総合管理に関する一考察 ― 地方公共団体の管轄範囲をめぐって ―
 中原 裕幸
■ 展望
◇我が国にも海洋資源開発のエンジニアリング企業を
 相川 武利
◇海洋観光立国を夢見て
 中瀬 勝義
■ 報告
◇日本の宝“黒潮エネルギー”の活用を考える
  ― NPO 海ロマン21「海洋エネルギー研究会」報告 ―
 久田 安夫
■ 編集後記
◇創刊号の編集を終えて~ここに日本海洋政策学会誌創刊号をお送りする~
  日本海洋政策学会編集委員会委員長 山形 俊男

Published On: 2011-10-01|Categories: 学会誌|

関連記事

  • 学会誌 第11号を刊行しました

    第11号(2021年11月 発刊)【目次・要旨】 目次 ■ 招待論文 ◇ 国連海洋科学の10 年における海洋データ・情報管理の充実に向けて  道田 豊 ■ 論文 ◇ 日本において一般海域を管理する法令が整備されない要因についての考察   ...

  • 学会誌 第10号を刊行しました

    第10号(2020年11月 発刊)【目次・要旨】 目次 ■ 招待論文 ◇ SDGs は海洋政策に何を求めているのか  ―高邁な目標から実現へ  都留 康子 ■ 研究ノート ◇ 国連海洋法条約における条約の実施状況把握体制  ―締約国会議 ...

  • 学会誌 第9号を刊行しました

    第9号(2019年12月 発刊)【公開】 目次 ■ 招待論文 ◇洋上風力発電の現状と課題  木下 健 ■ 論文 ◇ 排他的経済水域での軍事活動  ―沿岸国による規制可能性及び実施国が払うべき「妥当な考慮」の法的意義と内容―  永福 誠也 ...

  • 学会誌 第8号を刊行しました

    第8号(2018年12月 発刊)【公開】 目次 ■ 巻頭言 ◇海洋の未来秩序と第三期海洋基本計画  奥脇 直也 ■ 祝辞  小宮山 宏  武見 敬三  羽尾 一郎  宮原 耕治  來生 新 ■ 招待論文 ◇ 「海洋再生可能エネルギー発電 ...

  • 学会誌 第7号を刊行しました

    第7号(2017年11月 発刊)【公開】 目次 ■ 招待論文 ◇海洋資源へのアクセス権とコモンズ論 ―海洋保護区に注目して ―  秋道 智彌 ■ 論文 ◇旧及び現海洋基本計画と各年次報告に関する分析  ―“海洋に関して講じた施策の評価” ...

  • 学会誌 第6号を刊行しました

    第6号(2016年11月 発刊)【公開】 目次 ■ 招待論文 ◇国家管轄外の海洋生物多様性に関する新協定  ―公海制度の発展の観点から―  兼原 敦子 ■ 論文 ◇海洋境界画定国際合意の研究  ―島の存在と海底の特徴が及ぼす影響を中心に ...